信介農園は、愛媛・宇和島の温暖な気候と、太陽の恵みをよりたくさん受けられる山の斜面の地形を活かし、
まじめに安心・安全を心掛けながら、『うまいみかん』を栽培することに労力を注ぎ、季節に応じた旬のみかんと共に、
全国に笑顔をお届けしたい!!と思っています。
甘いみかんはもちろん、酸っぱいみかん、話題の新品種など、いろんな味をお楽しみください!

優しい風味の、河内晩柑。

いろんな美味しさが楽しめます。


朝食のフルーツに。

お昼の水分補給に。

焼酎に割って入れて、夜の晩酌に。

かき氷の蜜や、スポーツドリンクも作れちゃいます。


旬のミックス箱は、完売致しました。

河内晩柑(かわちばんかん)ってどんな柑橘?

河内晩柑は、『和製グレープフルーツ』と呼ばれることもあるように、優しくて爽やかな風味が特長で、春~夏にかけて、 とても美味しく食べられる柑橘です。
まだまだメジャーな品種ではありませんが、テレビで放映されたこともあり、ようやく全国的にも少しずつ知られるようになってきました。

河内晩柑は、季節とともに、食味も移り変わるんです!

河内晩柑は、5月の花のつぼみが膨らむ頃から、夏のお盆を過ぎる頃までが、食べ頃。

春のうちは、とてもジューシーで爽やかな食味が特長で、
夏になると、ほのかな甘みが少しずつ増し、口の中で果肉の1粒1粒がプチプチとはじける食感が楽しめます。

休日の朝にもオススメ!

  


グレープフルーツに比べると、酸味や苦みなどの刺激が少ない、優しい感じの風味です。

いつもの忙しい朝には、酸味の効いたグレープフルーツで「目覚めシャッキリ!!」がいいかもわかりませんね。

でも、時間がゆっくり流れる休日の朝には、
優しい風味の河内晩柑で、まったりと過ごす贅沢な時間も素敵だなって、思いませんか?


どうやって食べるの?

  

河内晩柑は、文旦(ブンタン)の仲間なので外の皮は厚いのですが、一般的な文旦類よりも ずいぶんと皮が軟らかいので、女性やお年寄りでも比較的簡単に手で皮が剥けます。
中の袋も剥いてから、果肉だけを食べて下さい。

冷蔵庫で冷やして食べると、より一層、美味しいです。
また、ジュースに絞ったり、焼酎に割って入れても、とても爽やかで美味しくお召し上がりいただけます。

  

高血圧薬を服用中でも大丈夫!

 

グレープフルーツには、フラボノイドがたくさん含まれていて、高血圧薬の一部とは相性が悪く、同時に服用すると危険と言われています。

河内晩柑は、『和製グレープフルーツ』とも呼ばれていますが、果肉にはフラボノイドがほとんど含まれていないので、高血圧のお薬を服用中の方でも、安心してお召し上がりいただけます。

ただし、外の皮にはその成分があるようなので、皮ごとジュースに絞る時には、注意が必要です。

もっと詳しく知りたい方は、お医者様か薬剤師さんにお尋ねになって下さいね。

信介農園の河内晩柑は、

ワケあって、とっても見栄えが悪いものが多いんです...。

河内晩柑の黒点 河内晩柑の赤さび

河内晩柑は、新鮮さが大切です。
前もって収穫して貯蔵しておくのではなく、果実はできるだけ木にならせたままにしています。
春を過ぎて遅い時期までそのままにしていると、見た目がとっても残念な果実が、たくさんできてしまうのです。
でも、残念なのは見た目だけ。 食べると納得!! 残念に感じることは決してありません。

どうしてこんなになっちゃうの!?
  →見た目が悪いのは、安心・安全の証し。

果実の外観が悪くなる原因の多くは、
「黒点(こくてん)」と「赤サビ」です。

 

これを防ぐために、花が咲いて来季の果実が成長する春~夏にかけて、数回にわたって殺菌剤を散布する必要があります。

ところが、河内晩柑は夏を過ぎる頃まで、果実を収穫せずに、木にならせたままにしているので、残留農薬成分の関係で、有効な殺菌剤が散布できないのです。

 

農薬の散布基準をキッチリ遵守しているからこそ、見栄えの悪い果実ができてしまうのです。

(無農薬栽培ではありません。)


ちょっと解りにくいので、ブログでも詳しく説明しています。是非、ご覧になって下さいね。

 ブログ記事 防除~農薬について 


河内晩柑には、色々な呼び名があります。

美味しい河内晩柑を地域のブランドにしようとするため、また、商標などの権利の関係から、本当に様々な名称で呼ばれています。

それが市場や消費者さんの混乱を招いて、かえって、この柑橘の普及・浸透を妨げているような気がします。


その呼び名の例をいくつか紹介します。


河内晩柑(かわちばんかん)

・・・ 品種としてのの名称。

美生柑(みしょうかん)

・・・ 愛媛県愛南町のマルエム青果の登録商標。

愛南(あいなん)ゴールド

・・・ 愛媛県愛南町で使用している名称。

宇和(うわ)ゴールド

・・・ 愛媛県宇和島市の味楽共選が使用している名称。

ジューシーフルーツ

・・・ 主に、愛媛県の西部・中部で呼ばれている名称。

夏文旦

・・・・・・・・ 高知県などで呼ばれている名称。

天草晩柑

・・・・・・・ 熊本県などで呼ばれている名称。

などと呼ばれています。聞いたことがある名称はありましたか?

 

食べたいなぁ!って思った方は、こちらからご注文下さい。↓

見栄えの悪い河内晩柑 消費税・送料送料込み

 
 5kg 2,500円 数量:
 
10kg 4,000円 数量:
 
15kg 5,800円 数量:

北海道、沖縄、離島などへのお届けは、送料を別途お見積もり致します。